CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
<< 転居のごあいさつ | main | 宮西達也氏の読み聞かせ教室に行ってきた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ちいさなひこうきフラップ」
ちいさなひこうきフラップ
ちいさなひこうきフラップ
松本 州平

 プロペラ飛行機のフラップは離島に郵便や荷物を運ぶ飛行機。ある日遠くの島までお使いを頼まれます。予定より早く着きますが、少し居眠りしてしまいます。目を覚ますと雨雲がでてきてびっくりして飛び立ちます。
 しかし、雷が左の羽に落ちてしまい、何とか陸地らしきものに降りることが出来ました。それは鯨の背中でした。
 ようやく晴れてきて鯨に港まで運んでもらおうとお願いしますが、捕鯨されるので空を飛ぶ仲間であるかもめに頼んでくれました。かもめ達は漁師さんから網を借りてそれにぶら下げてフラップを運んでくれます。
 港に着く頃かもめも力が尽きかけましたが、雀たちが手助けしてくれ、まるで気球のようになります。かもめは最後に「たすけあうのは、あたりまえさ、ぼくらはそらをとぶなかまじゃないか」と言って去っていきます。

 おはなし会の後、中身も見ずに息子が借りた絵本です。外国の絵本かなと思うようなタッチです。なぜか海の色が緑色に描かれています。
 港に着く頃は夕焼けで赤く描いているのですが、やはり、空の色との対比を考え敢えて緑にしたのかなと思ったりしています。息子に追及されたらどうしようと思いながら読みました。かもめのせりふで終わるのかなと思いきや、最後のページでフラップが夜になって一人で「今度鳥さん達がこまっていたら、ぼくも助けてあげよう、だって空を飛ぶ仲間だもんね。」とつぶやきます。
【図書館貸出】
| 日本の絵本 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 08:58 | - | - |









http://dad-ehon.jugem.jp/trackback/93
ココア風味バナナロール♪
あ〜なんかおいしそうな題ついてますけど、失敗ですわぁ・・{/hiyo_shock1/} 3・3・3ロールケーキにココアをちょっと混ぜてやってみたんですけど、これはリベンジしまっす{/goo/}やっぱ、もうちとふわふわ感がほしい!原因は大体わかってるので{/face_ase2/}(←あきら
| キッチンだいすき | 2005/11/29 6:38 PM |