CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
<< 「パトカーのぴーすけ」 | main | 「つきよ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「きんぎょが にげた」
きんぎょが にげた
きんぎょが にげた
五味 太郎

 有名な本ですね、表紙の目の黒い金魚が家の中をあちこち逃げ回ります、「こんどはどこ?」とページをめくるたび、「ここ!」と指さす息子の姿が懐かしいです。とてもカラフルで良い絵本だと思います。

 それにしても出てくる電話が黒電話であるのは時代を感じさせます。「これなんだと思う?」と聞いてみると一応電話と答えてくれたので子どもながらも電話の概念はできあがっているんだなと思いました。(私が言ってかも・・・)
【蔵書】

| 日本の絵本・baby | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:38 | - | - |









http://dad-ehon.jugem.jp/trackback/29