CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
<< 「100万回生きたねこ」 | main | 少しだけパーツをいじってみました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「風のじゅうたん」
風のじゅうたん
風のじゅうたん
野村 たかあき

 飛騨高山の春の祭りに使われるペルシャ絨毯を作るため、主人公のさくらの母はデザインを書きあげます。そしてその直後交通事故で帰らぬ人になります。
 さくらは父と共にイランへ絨毯の出来具合を見に行きますが、全くはかどっていません。父が怒りだしたころ、さくらと同い年の少年が知り合いの絨毯工場長へ頼みに行き、フルスピードで絨毯が織られていきます。
 少年はさくらに祈りの織り糸を教えてくれ、さくらは少年にイラク戦争で寝たきりになった父親が早く良くなるよう、折り鶴を贈ります。
 見事に織られた絨毯はさくらの母のデザインどおりです。そして、飛騨高山の40年に1度の祭りに間に合ったのでした。

 中身も見ずに野村たかあきさんの絵本というだけで借りました。良いお話しです。息子もよく読んで欲しいと言います。イランという異国の地、名前など難しいと言えば難しいですが、映画が作られて絵本化されたようです。
【図書館貸出】
 
| 日本の絵本 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:28 | - | - |









http://dad-ehon.jugem.jp/trackback/108