CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
<< 「ぐりとぐらのえんそく」 | main | 「コロちゃんのこんにちはおじいちゃん」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ちいさいおうち」
ちいさいおうち
ちいさいおうち
ばーじにあ・りー・ばーとん, いしい ももこ

 ちいさいおうちは、田舎のしずかなところに建っていました。しっかりと建てられたおうちは時が流れてもずっと同じでした。しかし、そのうち遠いところの町の明かりを見て、まちってどんなところだろうと思いました。
 そのうち、ちいさなおうちの周りはどんどん変わって行き、馬が走り、車が走るようになりました。
 そしてついにまちのど真ん中になってしまいました。ちいさいおうちはお日さまもお月さまも見ることが出来なくなり、まちはいやだと思うようになりました。ある日通りがかった、ちいさなおうちに住んでいた人のまごのまごのまごが、建築屋さんに頼んでいなかへ引っ越してもらうことにしました。いなかではなにもかもしずかで、ちいさいおうちはにっこりしました。

 このお話は「おうち」を中心に変化があり、絵を見ていて面白いと同時に文章のレイアウトも工夫がありよくできた本だと思います。
 私ではなく義母やパートナーによく読んでもらっていました。
【蔵書】
| 外国の絵本 | 17:46 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:46 | - | - |
この絵本には、人物は登場しませんが、
いろいろなことを考えさせてくれる絵本で、
大学生になってから読んでも味わい深い本でした☆
| らら | 2005/11/06 8:00 PM |
初めまして。確かにいろいろ考えさせられる本
ですね。子供には難しいかな?とも思えますが
そういう本が息の長い古典になるんだなと最近
思うようになりました。ブログ拝見しました。
なんだか若返った気がします。もう15年以上
前ですから(笑)。また覗いてください。
| dad | 2005/11/07 11:56 AM |









http://dad-ehon.jugem.jp/trackback/1
ちいさいおうち
年中さんのころから読みましたが、いっしょに楽しめるようになったのは、うちの娘では小学生になってからでした。 私自身は、大人になってからこの本に知り合い、とても好きな1冊になりました。 なのに、勢い込んで読んだところ、娘は 「きらい」 その後、読んであげ
| スランになりたいな | 2006/01/15 10:46 AM |