CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
少しだけパーツをいじってみました
 子どもの保育時間が長くなり、絵本を読む時間が殆どなくなってしまいました。したがって、絵本の更新が極端に少なくなってしまっています。残念です。

 さて、遅まきながらBlogPeapleさんのTBピープルを左に置きました。私もこれから更新するときは(今回は別です)TBしようと思ってます。それから今までRSSでよんでいたりチェックしていたBlogについても右にリンクとは別にBlogPeapleさんのシステムを利用しようと思っています(更新が分かるようになっています)。

 くだらない独り言になってしまいました。また絵本をupします。
| dadの独り言 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます
 あけましておめでとうございます。月に一度のdadの独り言です。12月は体調が良くなくて全然絵本から遠ざかっていました。昨日ようやく一つ書いたので、ここらで独り言を言ってみようと思いました。
 昨年は正直、ブログにはまりすぎました。ついついPCに向かい、せっせと書いてたので体も正直な反応をしたのだと思います。
 一方、子どもはどんどん成長し、上の子はひらがなは概ね読めるようになりました。促音がまだ難しいようですが、そんなの時間の問題です。このブログのタイトルが変わる日が来そうで寂しいやら嬉しいやらというところです。
| dadの独り言 | 12:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
やった!12月まで続いた
 実は7月に雨風呂さんで絵本ブログを始めてから、12月までは続けて「ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス」を取り上げられたらいいなと漠然と思っていました。途中引越や体調不良もあり、順調ではありませんでしたが、1000人を超える訪問者にも感慨深かったですが、よくここまで続いたな、という自分の中で一つの目標を達した気分です。

 たくさんの人に知り合えたのもブログならではかも知れません。ド素人がよく厚顔無恥に絵本の世界に乗り込んだなと、今思えば背筋が寒いです。

 ペースは遅くなっちゃいましたが、ぼちぼち続けていきますのでよろしくお願いします。
| dadの独り言 | 09:34 | comments(7) | trackbacks(0) |
転居のごあいさつ
 アメブロさんからこちらに引っ越してきました。過去記事の移転作業がなかなか進まず時間がかかりましたけど、ようやく落ち着きました。

 実際の引越も何度も経験しましたが、やはり準備と体力が必要ですね。途中で少し体調を崩したこともあり、つくづくそう思いました。

 今週、宮西達也氏の読みきかせ教室に行く予定にしています。(体調次第ですが)楽しみにしています。
| dadの独り言 | 05:14 | comments(1) | trackbacks(0) |
はじめて紙芝居を読んだ
 昨日初めて図書館から借りてきた紙芝居を読んだ。かなり緊張した。自分でも分かるぐらい棒読みだった。
 でも、注釈があちこちに書いてあって、普段絵本を読むときには気にしていなかったことにずいぶん気づかされた。今日再び読んだ。自分でも驚くほどいい感じで読めた。紙芝居は敷居が高かったけど勉強になりますね。

 さて、引っ越すと言ってから一週間が経ちましてようやく10月分を持ってきました。途中体調不良もありさっさと移れなかったのでぼちぼちとやっていこうと思っています。旧ブログでの(Re)をこちらでまとめて書かせて頂きます。

(Re)newsongsさん
お気軽にお越し下さい。ちょっと寂しいのは私も同感ですが、ブログの世界はあちこちでご活躍されている人もいるし、(きりはないですが)勉強にはなると思ってあちこち覗いてみたいと思っています。

(Re)nao-yuuka-ayuchan5さん
さっそくコメントをいただき正直ほっとしました。コメントにタイトルを入れられないのが違和感あるかも知れませんが、しつこく書いていきたいと思っていますのでまた来てください。

(Re)しおりさん
少し、サイドをいじったりするのに知識が必要でちょっと敷居は高いですが中身重視でやっていきますのでまたお越し下さい。
| dadの独り言 | 23:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
絵本出版社もいろいろ
 月に一度と言っていたdadの独り言です。

 最近になってこのブログに絵本出版社さんの「ブックマーク」を付けたり福音館さんのロゴを貼ったりし始めました。ネチケットというやつで、ブログと言えども「リンク貼っていいですか」という趣旨のお願いメールを各社に出したところ、事務的なお返事もあればご丁寧なお返事もあり、いろいろだなあと思いました。

 出版社のブックマークの順番はアトランダムではないということだけ申し上げます(笑)。最近ブログが流行って出版社に限らず、会社の人も大変だと思います。事務的なお返事であってもすごく早かったので、それはそれで評価されるべきでしょうね。

 それにつけても、福音館さんはバナーを用意しておられさすがだと思いました。だてに「こどものとも」50周年を迎えてませんね。

 更新が減ると言っておきながら、何とか書いてます。来月の独り言ではどうなっているのか自分でも楽しみです。

| dadの独り言 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
28日の記事について
 絵本を淡々と紹介するといいながらややこしいことを書いたりして、特にコメントをいただいた読者にエネルギーを使わせてしまった感じがします。「よく知らんくせに書くな!」とお叱りを受けるかと思っていました。

皆さんクールに受け止めてらっしゃるようすがわかり、妙に安心しました。絵本だけでなく、文芸書でも繰り広げられがちなことですが、せめて絵本ではやめてくれ。というのが、今の私の思いです。

あとコメントが増えたのでその後の(Re)を書きます。

(Re)yomikikasedorakuさん
「シナの5人きょうだい」例によって知らないんですが、シナでアウトでしょうね。しかし、英語名はchinaだし、蔑称として使っていたかどうかははっきりとは言えないんですよね。まあ差別用語のブログではないのでここまでにして、名作とのこと。名作とはいろんな人の目に触れ、評価に耐えてきたゆえそう呼ばれるんですよね。名作だからこそ目立って俎上に上げられて象徴的に利用された気がします。

(Re)しおりさん
よく読んで髪型から研究します。

(Re)hon-honさん
父が与えてくれたんですね。私はえらそうにここで書いてますがほとんどが義母が買ってくれている本です。私もいつか「これだ!」という本を買ってみたいと思います。
| dadの独り言 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
絶版騒ぎとは何なのか(ちびくろ・さんぼ)
 実は絵本ブログを始める前にも「差別問題」があるのかな、程度の認識は持っていました。たまたま昨日の読売新聞夕刊で取り上げられていたものですから、自分の頭の整理もかねて書いています。

 「絵や署名がある特定の時代の反黒人感情を反映し不快」とするメールが4月に瑞雲社に届いたそうです。まあ社長もあっさりしたコメントを出していて、この本で日本人が差別的感情を持つとは思えないと言っています。私もそう思います。88年当時の絶版騒ぎも米国マスメディアの批判記事が発端とありました。

 今回の復刊を英米2紙で取り上げられているそうですが、批判的論調はみられないとのこと。当時は日米関係が経済摩擦などにより微妙であったことも米国世論の盛り上がりにつながったのではないかということ。日本が良くも悪くも国際化してきたこと。そんな時代背景の違いがあるのは間違いなさそうです。

 また、当該新聞記事で気になったのが、岩波書店が本の版面をほぼそのまま使ったのは編集著作権を損なうと瑞雲社に抗議している事実である。ホンマややこしいですね。岩波書店さんは「さんぼ」の名称自体が蔑称とした当初の判断は変わらない考えだそうです。ほとんど記事の転載のようで怒られそうですが、いずれにせよ「差別(人権)」と「表現の自由」との相克は憲法問題ですので容易に決着がつかないことだけは確かです。ですから小出版社である瑞雲社さんだからこそ、一石を投じることができたのかもしれません。

 事実誤認や、ご見解があれば教えて下さい。 
| dadの独り言 | 05:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
来週から更新が少なくなります
 みなさま、こんにちはdadです。突然ですが、来週からぼちぼちと仕事を再開することになりそうです。したがって、今まで毎日更新していたのですが、週2いけるかどうかになりそうです。

 ながい休養期間を活かして、絵本という新たな境地を発見できたことは大きな収穫だったと思っています。

 絵本にはいろんな読み方があってかまわないし、それが児童書につながるかどうかも分からない。ただ、読んでもらった子供というのは「ものがたり」がもつ、登場人物の考え方、行動などから学んでいくんだと思いました。

 ネタ切れはあいにくなさそうですので、下の子の成長とともに息の長い絵本ブロがーとして細々とやっていきたいと思ってます。それから、コメントをくださった方々、大変励みになりました。三日坊主がここまでやってこられたことは皆様のコメントのおかげだと思ってます。

 先週神戸三宮の書店で福音館フェアをやっていましたので見てきました。写真を撮ったのですが、Cotanがどうにも難しく(多分画像が大きいからだと思う)できてません。ご存じの方教えてください。
| dadの独り言 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
おはなし会にいってきた
 いつも淡々と本を紹介しているので、月に一度ぐらいはdadの独り言を言ってみようと思いました。

 我が家では1年ぐらい前から、近くの図書館へ絵本を借りると同時に、そこでやっているおはなし会に参加するというのが週末の行事になっています。パートナーは強制していないのですが、息子が自らずっと続けています。常連になったので「おはなし会のせんせい!」と挨拶をしに行ったりします。

 それとは逆に、私はと言えば、おはなし会の部屋に入らなかったり、入っても寝ていたりと、今思えばとんでもない親だったと思います。「おはなし会のせんせい」はボランティアだとおもいますが、失礼な話ですよね。

 最近は一人で図書館に行っても児童書コーナーで絵本を鋭く観察したりしてます(あやしまれそう)。そして今日はおはなし会で少しメモをとりました。知らない本が殆どでした。そして、絵本には対象年齢があるので「せんせい」が工夫されていることも分かりました。これからは「おはなし会」で気に入った本も入れたいと思います。

| dadの独り言 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1 Copyright (C) 2005 dad All Rights Reserved.