CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「いないいないばあ」
いないいないばあ
いないいないばあ
松谷 みよ子, 瀬川 康男

 ねこちゃん、くまさん、キツネさんと、次々に「いないいないばあ」をやってくれます。次は・・・ちょっと隠れてねずみさんです。最後は人間の子がいないいないばあをしてくれます。まだ1歳ぐらいじゃ分からないけどもう少し大きくなるとよく読んでくれそうです。

 下の子が保育園に行き始めました。初めての貸し出しの本です。思い出に残る本です。
【保育園貸出】
| 日本の絵本・baby | 13:19 | comments(7) | trackbacks(2) |
「のせてのせて」
のせてのせて
のせてのせて
松谷 みよ子, 東光寺 啓

 まこちゃんのじどうしゃですよブブーブーという出だしで始まるドライブの絵本です。途中「ストップ」とうさぎやくま、ねずみが手を挙げて乗せてもらいます。
 そしてトンネルへ入ります。トンネル、トンネル、トンネル、トンネル、まっくら、まっくら、まっくら、まっくらと黒い背景の後のページで「でた!おひさまだ!」とみんなで叫びます。
 とてもドライブが楽しく描かれています。最後のページも目的地が楽しそうです。

 我が家でも「トンネル、トンネル〜」のフレーズは未だにドライブのときにはやってます。繰り返しを適度に使っていて読みやすく良い本だと思います。
【蔵書】
| 日本の絵本・baby | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
「きんぎょが にげた」
きんぎょが にげた
きんぎょが にげた
五味 太郎

 有名な本ですね、表紙の目の黒い金魚が家の中をあちこち逃げ回ります、「こんどはどこ?」とページをめくるたび、「ここ!」と指さす息子の姿が懐かしいです。とてもカラフルで良い絵本だと思います。

 それにしても出てくる電話が黒電話であるのは時代を感じさせます。「これなんだと思う?」と聞いてみると一応電話と答えてくれたので子どもながらも電話の概念はできあがっているんだなと思いました。(私が言ってかも・・・)
【蔵書】

| 日本の絵本・baby | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
「どうやって ねるのかな」
どうやって ねるのかな
どうやって ねるのかな
藪内 正幸

 いろんな動物たちはどうやってねるんでしょう?毎ページ毎ページ「どうやって寝るのかな」と問いかけます。そして、立ったまま寝る動物がいたりして、一緒に「へー」とか言って楽しめます。動物園へ行く前や後など、話しのタネになっていいでしょうね。
【おはなし会】
| 日本の絵本・baby | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
「りんごです」
りんごです
りんごです
川端 誠

 りんごの一生が描かれています。文は「りんごです。」とだけついてくるんだけど、姿が変わっていきます。あれもりんご、これもりんご、と子どもの想像力を育むようにできているのかなと思いました。
【おはなし会】
| 日本の絵本・baby | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
「きたきたうずまき」
きたきたうずまき
きたきたうずまき
元永 定正

 文字通りうずまきが毎ページに出てきますいろんな色で出てくるので小さい子どもには楽しいのではないでしょうか。また、うずまきをずっと見るとふわふわする感じがしてそのあたりを読み手がフォローしていく腕がいるのかなと思いました。
【おはなし会】

突然ですが【dadの独り言】
カテゴリーに「日本の絵本・baby」を追加し、過去も含め整理することにしました。
| 日本の絵本・baby | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「じどうしゃ」
じどうしゃ
じどうしゃ
たしろ たく

 この本は1歳前後の子向けで、物語ではなく、かわいいイラストで描かれたいろんな「じどうしゃ」が1ページに一つ描かれていて、その名前が英語とともに書かれています。

 息子が1歳ぐらいのとき、よく見せてあげた記憶があります。そして昨日、その息子が妹にたどたどしい言葉で読んであげていました。本当に感動しました。
【蔵書】
| 日本の絵本・baby | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
「くつくつあるけ」
くつくつあるけ
くつくつあるけ
林 明子

 雨の日でふつうの靴を履くことがなかったので、今日はこの本にしてみました。ちょうど、たっちができて、よろよろと歩けるようになった頃買ったと記憶しています。林さんの本にしてはあのかわいい「少女」が出てこないのですが、独特のタッチの絵はこの本でも生きています。初めて歩けるようになった頃に読んであげることができればいい思い出になりますね。
【蔵書】
| 日本の絵本・baby | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「おててがでたよ」
おててがでたよ
おててがでたよ
林 明子

 昨日、林明子さんの本を紹介したので、すこし小さい子向きですが、こんな本があります。この表紙にある子が頭から服をかぶって頭や手足をだして着ていくのを描写しています。

 小さい子は洋服を脱いだり着たりするのが大変ですね。この本を読んで「すぽん」と手がとおるところは読んでて持ちが良かったです。「おててがでたよ!」などと少しこのフレーズがはやったときがありました。
【蔵書】
| 日本の絵本・baby | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1 Copyright (C) 2005 dad All Rights Reserved.