CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
million counter
 私自身は絵本を読んでもらって育ったわけではないのですが、パートナーはたくさんの絵本と
ともに育ったそうです。限られた時間ではありますが、良い本をたくさん読んであげることができれば、
きっと子供たちにとって財産になることでしょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ぐりとぐらとくるりくら」
ぐりとぐらとくるりくら
ぐりとぐらとくるりくら
なかがわ りえこ,やまわき ゆりこ

 ぐりとぐらは穏やかな朝に、外で朝食を食べることにしました。サンドイッチをこしらえて野原に出かけます。そこで手の長いうさぎ「くるりくら」が現れ一緒に遊び始めます。朝ご飯も一緒です。そしてくるりくらはぐりとぐらを連れて家へ案内します。

 いつものとおり、ぐりとぐらは食べることが大好きです。そこに現れたくるりくらとの交遊はほのぼのとしていて良いですね。語感も良くて、印象に残る一冊です。
【保育園貸出】
| 日本の絵本 | 23:57 | comments(4) | trackbacks(1) |
「フルーツ島のわんぱくパイレーツ」
フルーツ島のわんぱくパイレーツ
フルーツ島のわんぱくパイレーツ
yaku,きのひなた

 星のサーカス団は、イルカに頼まれ悪いところが治るという実をとりにフルーツ島へ行くことになりました。しかしそこは海賊のいるところ。次々と困難が待ち受けます。しかしみんなで力を合わせて海賊のいるところまで進みます。海賊は意外な一面をもっていました。サーカス団はそこで何をしたのでしょう・・・

 「パジャマ」のお話しとこの本とセットで読んでいました。2冊とも細かいところに「なるほど」と思わせる絵がかいてあり、面白かったです。
【図書館貸出】
| 日本の絵本 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
「パジャマどろぼう パン大作戦!」
パジャマどろぼう パン大作戦!
パジャマどろぼう パン大作戦!
yaku,きの ひなた

 町から町へと旅するベイビーサーカス団がこのたび訪れた町で、パジャマが空を飛んでいくのを見ました。どうやら町の人たちが被害に遭っているようです。さっそく調べてみますがよく分かりません。そこでパジャマが消えたアパートを調べます。犯人は分かりました。そして犯行の本当の理由も・・・

 この本ともう一つ、シリーズの本を借りてまとめて読んで欲しいと言われました。下の子のためと言って借りたのに自分が気に入ったようです。絵が日本ばなれした何とも言えず無国籍なタッチであるのですが、最初は取っつきにくいものの慣れれば親しみを感じました。
【図書館貸出】
| 日本の絵本 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
「くれよんのはなし」
くれよんのはなし (1979年)
くれよんのはなし (1979年)
西園寺 祥子

 8本のクレヨンが箱の中で出番を待っています。そして、外に出て真っ白な画用紙に一本ずつ絵を描き始めます。それぞれ得意の色で無人島とそこに立つ少年を。
 でも、絵は少し悲しい少年が佇む絵となってしまいました。クレヨン達は何とかしたいと思っていると、絵の中である動物が動いてくれて助けてくれました。安心した8本のクレヨン達は元の箱に戻るのでした。

 この本を読んだ後息子は同じ絵をクレヨンで描き始めました。わかる気がします。シンプルで、ほのぼのとしていて名作だなと思いました。
【保育園貸出】
| 外国の絵本 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」
いたずらきかんしゃちゅうちゅう
いたずらきかんしゃちゅうちゅう
バージニア・リー・バートン, むらおか はなこ

 「ちゅうちゅう」は小さな機関車です。小さな街の駅から大きな街の駅へと列車を運びます。ある時目立ちたくて、機関士や機関助手や車掌が休んでいる隙に、炭水車と一緒に勝手に走り始めます。途中でいろんな人に迷惑をかけてしまいます。そして、炭水車も川に落として最後は夕方になり、森の近くで二股になっているところで片方に入りますが、そこでとまってしまいました。

 絵本を小さい頃読んだ記憶がないのですが、この本の最後の二股に分かれているところだけは頭の片隅からふっと出てきました。きっとどこかでよんだのでしょう。嬉しい発見をしました。
【保育園貸出】
| 外国の絵本 | 16:39 | comments(5) | trackbacks(0) |
「機関車トーマス」
(2) 機関車トーマス
(2) 機関車トーマス
ウィルバート・オードリー, レジナルド・ダルビー, 桑原 三郎, 清水 周裕

 4話からなる、機関車トーマスとその仲間たちのお話。小さなタンク機関車トーマスの仕事は遠くへ行く大きな機関車の客車をそろえたりする裏方の仕事です。自分も一人前の仕事をしたくてしょうがありません。でも、空回りばかり。そんなトーマスですが、一生懸命仕事をする姿をみて最後にはふとっちょの重役さんから支線を一つ任されます。

 トーマスと言えばミニチュアを写した写真と文章の「絵本」ならぬ「写真本」の印象があったのですが、この本は絵本でした。「写真本」では重役さんではなく、「きょくちょう」という訳になっていてちょっとした発見でした。
【図書館貸出】
| 外国の絵本 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(2) |
少しだけパーツをいじってみました
 子どもの保育時間が長くなり、絵本を読む時間が殆どなくなってしまいました。したがって、絵本の更新が極端に少なくなってしまっています。残念です。

 さて、遅まきながらBlogPeapleさんのTBピープルを左に置きました。私もこれから更新するときは(今回は別です)TBしようと思ってます。それから今までRSSでよんでいたりチェックしていたBlogについても右にリンクとは別にBlogPeapleさんのシステムを利用しようと思っています(更新が分かるようになっています)。

 くだらない独り言になってしまいました。また絵本をupします。
| dadの独り言 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
「風のじゅうたん」
風のじゅうたん
風のじゅうたん
野村 たかあき

 飛騨高山の春の祭りに使われるペルシャ絨毯を作るため、主人公のさくらの母はデザインを書きあげます。そしてその直後交通事故で帰らぬ人になります。
 さくらは父と共にイランへ絨毯の出来具合を見に行きますが、全くはかどっていません。父が怒りだしたころ、さくらと同い年の少年が知り合いの絨毯工場長へ頼みに行き、フルスピードで絨毯が織られていきます。
 少年はさくらに祈りの織り糸を教えてくれ、さくらは少年にイラク戦争で寝たきりになった父親が早く良くなるよう、折り鶴を贈ります。
 見事に織られた絨毯はさくらの母のデザインどおりです。そして、飛騨高山の40年に1度の祭りに間に合ったのでした。

 中身も見ずに野村たかあきさんの絵本というだけで借りました。良いお話しです。息子もよく読んで欲しいと言います。イランという異国の地、名前など難しいと言えば難しいですが、映画が作られて絵本化されたようです。
【図書館貸出】
 
| 日本の絵本 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
「100万回生きたねこ」
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ
佐野 洋子
 先日「博士の愛した数式」という映画を観た。博士の記憶は80分しかもたないという。80分ごとに記憶がリセットされ、同じ時間が繰り返される。博士はそれでも懸命に数学の深遠さ、美しさを説く。
 エンディングで原作に小川洋子と流れた。洋子で連想して佐野洋子さんのこの絵本が思い浮かんだ。100万回生きたねこは最初自分に与えられた時間の中で周りのものを好きではなかった。しかし最後には、一刻一刻の時間がかけがえのないものであることに気づいた。
 普段見失いがちな時間というものの価値を改めて感じる一冊であった。
| 私が読んだ本 | 07:11 | comments(8) | trackbacks(3) |
「いないいないばあ」
いないいないばあ
いないいないばあ
松谷 みよ子, 瀬川 康男

 ねこちゃん、くまさん、キツネさんと、次々に「いないいないばあ」をやってくれます。次は・・・ちょっと隠れてねずみさんです。最後は人間の子がいないいないばあをしてくれます。まだ1歳ぐらいじゃ分からないけどもう少し大きくなるとよく読んでくれそうです。

 下の子が保育園に行き始めました。初めての貸し出しの本です。思い出に残る本です。
【保育園貸出】
| 日本の絵本・baby | 13:19 | comments(7) | trackbacks(2) |
1/11 >>Copyright (C) 2005 dad All Rights Reserved.